漢方のお世話になっております

数年前から漢方薬にお世話になっております。
私は子供の頃から鼻炎持ちでした。
特に妊娠中鼻炎から来る咳に悩まされました。
産んでからも咳は止まらず・・・。
出産後、咳は続くものの母乳をあげていた為、薬はまったく飲みませんでした。
咳はずっと出ていたわけではなく、急に喉がイガイガしてきて咳き込む感じでした。ミント系の飴を舐めたり、炭酸などの飲み物を飲んで、喉をスッキリした感じにさせたりしました。

ずっと、痰のような物が喉にはりついている気はしていました。
しばらくすると咳は出なくなっていたので、あの咳はなんだったのかと思っていましたが、治ったんだからとその件に関しては忘れてしまっていました。
しかし、数年後・・・又あの症状が現れました。
風邪を引いたあと、鼻炎で鼻水が酷かったかと思います。
喉がイガイガして、何か引っかかってるような気がして咳き込みだすんです。
空気にもよるのか、ホコリっぽい所ではよく咳が出て辛かったです。
急に咳が出たときのためにバッグには必ず飴と飲み物は入っていました。
それでも出だすと止まらなくなるから困りものです。

そこで色々とネットで検索してみました。
検索しているうちに後鼻漏という病名が出てきました。
鼻水が鼻から出ず、喉に流れていくものだそうで・・・。
そういえば、喉にずっと痰らしきものが引っかかっていたのを思い出しました。
色々調べていくうちに漢方が良いというので、薬剤師さんに相談してみました。
やはり後鼻漏だろうということでした。
ただ、風邪が長引いてるのかと思っていましたから近所の医者からもらった咳止めを飲んだり、風邪薬を飲んだり・・。
そりゃ効きませんよね・・。とりあえずは鼻炎を治さなければいけない。
相談した薬剤師さんに漢方を処方してもらいました。
漢方薬は効くまでに少し時間がかかるらしいので気長に飲み続けました。しばらくすると咳がましになった気がしました。
症状を細かく聞いていただけ処方してもらい、そして少し良くなり気づけば咳も出なくなっていました。
本当にとても助かりました。

実は上の子も鼻炎持ちです。おまけに花粉症も!
私と一緒に漢方のお世話になっております。
普段は飲んでいませんが、花粉症の時期になると処方していもらった漢方を飲みます。
市販のお薬より副作用もなく安心して飲むことが出来ます。
高校受験のときは眠くなる鼻炎の薬は困りますので漢方だと眠くならず、勉強に集中できたそうです。

漢方は鼻炎だけでなく、他にも症状に合わせて処方してもらえます。
うちの母は五十肩で漢方を飲んでいます。
気休めかもしれませんが、少し良くなった気がすると喜んでいました。
なるべくなら薬は飲みたくないのですが、どうしてもというときには、漢方は強い味方だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です